大阪の優良リフォーム業者 HOME » 知っておきたいリフォームの基礎知識 » 必要な準備と流れ

必要な準備と流れ

リフォームを依頼する前にしておきたい準備と施工完了までの流れを解説しています。

リフォーム成功の決め手は、準備段階にあり

そう何度も経験するものではない住宅のリフォーム、多くの方が初めての経験になると思います。当然、分からないことばかりで不安が募るものですね。リフォームに成功した人たちは皆、業者に依頼する前の準備段階からやっていることがあります。

事前準備をしっかりとしておくことが、リフォームを成功させるコツです。しっかりとチェックしておきましょう。

  • リフォーム後のイメージをしっかりと思い描く
    リフォーム雑誌やインターネットを上手に活用して、自分の住まいをどのようにリフォームしたいのか、明確なイメージを持つことが大切です。
  • 捨てられるものは、思い切って断捨離
    この際処分しても良いものは、事前に片付けてしまいましょう。使わない物やいらない装飾品などを捨てる大きなチャンスです。
  • 最適な時期を決める
    リフォームはタイミングも大事。早くても遅くても費用がかさんでしまいます。家や部屋、設備の状態を見極めてから業者に依頼するようにしましょう。
  • 業者選び・見積書のチェック
    リフォーム業者はたくさんあります。気になる会社の資料や情報を集め、必ず相見積をとって業者を比較してください。
  • 家具の保管場所や生活スペースの確保
    工事期間中は日常、使用している部屋やトイレ・浴室などが使えない場合があります。それぞれのリフォーム状況に応じた代替スペースを確保しておかなければなりません。

リフォーム業者に聞いた施工の流れ

リフォームの準備から完成までを、大阪のリフォーム会社に取材しました。大まかな流れを頭に入れておきましょう。

  1. リフォーム会社に相談
    電話やメール、ホームページなどから、問い合わせます。リフォームアドバイザーと打ち合わせし、こちらの要望を伝えます。
  2. 現地調査
    リフォーム箇所を確認するために、リフォームアドバイザーがリフォームしたい箇所の状態を調査・確認し、より具体的な要望を伝えます。この部分をおざなりにしない業者は、信頼ができるでしょう。
  3. 打ち合わせ
    現地調査を元にプランニングが行われ、最適なプランが提案されます。同時に見積書も提示されます。打ち合せを重ねてプランを修正・調整し、最終的なプランと金額に納得したら契約です。
  4. 工事着工前
    実は一番大切なのがご近所さんへの挨拶。しっかりとしているリフォーム業者なら、工事開始前にご近所に挨拶に伺ってくれるでしょう。この点も打ち合せ時に確認が必要です。また、施工前の状況を記録するために現場を撮影します。
  5. 施工開始
    工事中の作業を記録しながら、施工を進めます。この時、いちいち施主が現場で確認しなくても良いように、優良業者なら施工の進捗状況を適宜報告してもらえます。
  6. 完了・引き渡し
    施主が立会いながら工事した箇所をチェックします。問題がないようなら引渡し、工事代金を精算します。
  7. メンテナンス
    引渡後もアフターフォローやメンテナンスのために定期的にチェックを行います。

ここもポイント
リフォーム後も責任を持ってしっかりとアフターサービスをしてくれる業者は、総じて優良なリフォーム会社と言えますね。